タラバガニのおいしい食べ方は?最適な冷凍や解凍方法とレシピをご紹介!

タラバガニのおいしい食べ方は?最適な冷凍や解凍方法とレシピ

 

タラバガニは、冷凍で出回っていることが多いですよね。

 

現代のカニの冷凍技術は非常に優れており、正しい方法で解凍すれば品質の劣化はほとんど見られません。

 

ただし、解凍方法を間違ってしまうと、本来のおいしさやみずみずしさが損なわれてしまうのです。

 

つまり、解凍方法が非常に大事なので、正しいタラバガニの解凍のやり方をご説明します。

 

まず、冷凍されたカニは【室温でなく、冷蔵庫の中でじっくりと解凍】するのがポイントです。

 

部位によりますが、タラバガニ丸々1杯やカットされていないタラバ足の場合は、約丸1日

 

カット済みのタラバ足は、約18時間ほどかけて解凍します。

 

その際、乾燥から守るために新聞紙等で包み、水切りカゴに入れた上でビニル袋で包むとなお良いです。

 

甲羅付きの場合は、甲羅側を下にするのも重要です。

 

以上の手順を守る事で、本来の美味しさやみずみずしさに限りなく近づけた状態で解凍できますので、ぜひお試しください。

 

タラバガニを美味しく食べられるレシピ

 

タラバガニを美味しく食べられるレシピ

 

実は冷凍ガニの多くは、浜茹でやボイルがされた状態で出回っています。

 

そのため、解凍したらそのままポン酢やカニ酢などお好みのソースを掛けるだけで、一番お手軽なのに、タラバガニが美味しく食べられる方法です。

 

また、焼きガニも簡単なのに美味しくてオススメです。

 

七輪や炭火で焼いた焼きタラバは絶品です。

 

焼きタラバガニもおいしい

 

ただし、グリルで焼く場合は、アルミホイルに包んでから焼くと良いです。

 

味付けは何もいりません。ふわっと優しい甘みと香ばしさが加わり、素材本来の風味を味わう事ができます。

 

さらに、しゃぶしゃぶや天ぷらでも、タラバガニを美味しく食べる事ができます。

 

色々とアレンジして楽しむのもステキですが、せっかく高級品のタラバガニですので、素材そのものの味を消さずに頂く事が何よりのぜいたくかもしれません。

 

ちょっとリッチな使い方ですが、カニピラフやチャーハン・コロッケなどを作っても、いつものレシピでも極上の味に変身しますよ。

 

ぜひお好きな方法で、タラバガニを美味しく召し上がってくださいね。

 

>> かに本舗の口コミを見る